◇◆沙弥島にて 4
2013/03/24(Sun)
旧沙弥小中学校。
全体を写すの忘れたなぁ^^


№102作品のみ有料です。
300円です。300円払っても十分OK(*^^)v


どの作品も、


私の写す写真では、


素晴らしさは、表現できない。
ぜひ、足を運んで300円で鑑賞してください。


これ、塩でできているらしい。


ナンバープレート撮りわすれ。
貝殻をすり潰してつくった絵具で、書かれた絵。

もう、上の私の書く1行でなんて表せない。
その場に行って、足跡マークの上に立って、
外の風景との絡みを見てください。


こちらも、ナンバープレート撮りわすれ。
これは、映像なんです。


こんな映像もあり。
撮影は、フラッシュ撮影は×です。

これらの作品が、春期間だけで終了してしまうのが、とっても残念。
お見逃しなく^^


ここには、えのきカフェってのがありまして、


アートっぽいテーブルと、


真夏のエノキというタイトルの絵。

窓の外には、あと10日もすれば、桜を見ながらいただけるだろうね。


あんもち雑煮いただきました。


葱じゃなくて、青のり希望。
青のりが好きなわけじゃなくて、


青のりの方が意外性があるし、海っぽいし、
青のりの方が、手間がかからんだろうし(笑)

16:38:32
この記事のURL | 瀬戸内国際芸術祭 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
◇◆沙弥島にて 3
2013/03/24(Sun)
ナカンダ浜へ向かいます。


ナカンダ浜に着くと、小学生の抹茶のお接待がありました。


瀬戸大橋を眺めながら、お茶が頂けました。
ありがとうね。


ナンバープレート削除してしもた。
№104 藤本 修三 八人九脚


座ることもできます。
もちろん、フリー。
ほんま、景色がいいし、砂浜でも遊ぶことができる。
子ども連れでも余裕。

小学生以下向けのフリーのパスポートもあるので、
私もひなちゃんと行くよ~。


柿本人麿碑まで、のんびり歩いた。
他の人も、のんびり砂浜を歩いたり。
暑くもなく寒くもなくいい気候でした。

16:19:11
この記事のURL | 瀬戸内国際芸術祭 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
◇◆沙弥島にて 2
2013/03/24(Sun)
沙弥島に行く時、車は
「東山魁夷せとうち美術館」の駐車場に止めてOKです。

すぐ、案内所があって、そこに行くと、
わかりやすい沙弥島のパンフレットをくれます。

これがあれば、沙弥島は公式ガイドブックも、
パスポートもなくてもOK。

その上、ごみ袋までくれます(笑)


№101 沙弥島・西ノ浜の家
作者名はクリ拡してください^^


この建物が、海の家になってるのです。
トイレには、シャワー室もあったよ。

この行列は、島スープの行列。
あと沙弥定食を買うのもここで並びます。
島スープが、ここでは作品№164になります。


昼時には、砂浜のテラスも人が座っていました。


海の家は、屋上(2F)に上がることができて、


海の家からの風景。
木製ベンチは、写真の倍くらいあります。

もちろん、ここもフリー。


沙弥定食。600円
押し寿司や天ぷら、酢の物、ブロッコリーとフルーツ。
ビールが飲みたくなったのは言うまでもない(笑)

15:56:20
この記事のURL | 瀬戸内国際芸術祭 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
◇◆沙弥島にて
2013/03/24(Sun)
昨日の豊島の続きがあるんだけど、
沙弥島が、コンパクトでなかなかおもしろいので、
報告しましょう^^

№100 ターニャ・プレミンガー  階層・地層・層


たかが山と思うなかれ(笑)


それは、それで新しい発見もあるよ。


上から見るとこんな感じ。


下を見るとこんな感じ^^
ちなみに、この作品はフリーです。(無料)


海の方に歩いて、
№103 五十嵐 靖晃 そらあみ
こちらもフリー
ちなみに、沙弥島は有料は1作品のみ。
景色もいいし、駐車場は無料だし、
散歩気分でアートが楽しめます^^


風もなく穏やかな日はこんな感じ?


海側から見ると、こんな感じ(笑)

15:31:40
この記事のURL | 瀬戸内国際芸術祭 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |