そして、しま。

ちょいとタイトル変えてみた。

Archive [2013年07月 ] 記事一覧

◇◆7/26 女木島へ(追記アリ)

この日から、次女が帰省しまして、瀬戸芸三昧をしたいらしく、さっそくめおん号に乗って、女木島に渡ります。その前に、さぬきマルシェでパティスリースミタさんの、あんずのジェラートいただきまぁ~す。めおん号出航です。次女夫は、ここでお見送り~~。№37 不在の存在/レアンドロ・エルリッヒで、夕食。ちなみに、長女、次女、ひなちゃんと私の女4人ね。パスタとか、パエリアとかはなくって、カレーとパニーニのみ。ちょっと...

◇◆7/28 粟島へ(追記アリ)

昨日の伊吹島に続き、今日は粟島。さすがに、二日続けて西に行くのは、疲れるんで、今日は運転手付き。そして、うどん食べて、まんじゅう買って(笑)詫間から船乗って粟島へ。水玉の船だよ。今風に言うとドットですか(笑)粟島は、瀬戸芸では秋会期なんで瀬戸芸ではなくて、こんなマーク付きの旗。mtって何の略かわるかな?マスキングテープの略ね。船には、若い女の子や、子連れのファミリーが大勢。ちょっと、私は浮いてるかな(...

◇◆7/27 伊吹島へ 3

№138 夜想曲/向井山朋子ナンバープレート撮りわすれ。薄暗い部屋に、地震で泥が堆積したピアノが置かれてるんだけど、明るい外から中に入ると何も見えず、しばらく暗闇に目を慣らすと、ピアノが見えてくる。テレビで、ピアノ2台を船に乗せ、急坂を運んでいるのを見たら、もう1度みたいと思った。№137 小さな島のささやき/キム・テボン幼稚園跡が伊吹島資料館となって、その園庭にある作品。遊べます。島スープは売り切れで、そ...

◇◆7/27 伊吹島へ 2

№140 伊吹島レインボーハット/関口恒男ここまで上がるのも、けっこうな坂で、まだかまだかと角を曲がりながら着いた。外から見るとこんな感じ。中は、水たまりの中の鏡から、虹が光るという感じ。これに、音楽も重なるらしい。坂を下って、№139 歩み/LUNA…CLIP…たばこ屋跡らしい。中には、ダンボールで作られた亀がいる。写真では、わかりにくいんだけど…。瀬戸芸tシャツを着たかかし。こっちにも(笑)...

◇◆7/27 伊吹島へ(追記アリ)

高松から高速使って70分。9:10着。行く前から悩んでいた駐車場も、係員の指示に従い、すんなりと駐車でき、ラッキー(*^^)vでした。切符を買って写真撮ったら、乗船。地下の座敷席に座りこんだんで、上の様子はわからない。25分で到着(^^)/大漁旗に出迎えられて、上陸。ほとんどの人は、案内図に心臓破りの坂と書かれてある、まっすぐの道を、伊吹小学校に向けて歩き出したけど、このコースを歩くと、最後にもっと大変な坂を登らな...

左サイドMenu

時   計



カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別
06月 | 2013/07 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


★Admin★


新 着 記 事


最近の記事+コメント

カウンター

ひなちゃん

天気予報




プロフィール

akari

Author:akari

ブログ内検索

右サイドメニュー