◇◆10/12(土) 小豆島中山地区

棚田を見ながら、ぶらぶらと歩く。
さすがに歩く人は少ないのか、あまり人ともすれ違わない。
歩いているのは、女性ばかりだったなぁ。
♂は、車移動なんだろうなぁ。



途中で道に迷いながら、またまた若い女性2人組に着いていく。
山の中の舗装されていない道を、歩ききって到着。

ほんとにお天気よくって、
青い空と緑と竹の乾いた色がなんだかとっても落ち着く。



ここで、小1時間自然の風に癒されて、さすがに寒くなってきたんで、




こまめ食堂へと思ったけど、バスの時間にはちょっと足りないな。



中山農村歌舞伎から音がするんでのぞいてみると、
明日の本番に向けてのリハーサル中でした。



春日神社16:54発のバスに乗って池田港へ。
17:04着で17:10発のフェリーに乗る。
ここでも6分の乗り換え。まあ、どうにかなるもんよね。



瀬戸芸の旗。
無事、計画していた行程どおりに進めてよかった。



高松18:10着。
このあと、友人たちとの飲み会へ。
楽しい長い1日でした。
えっ?ブログが長いって(笑)

◇◆10/12(土) 小豆島へ

豊島唐櫃港から高速艇で15分です。
13:35着で13:40のバスに乗る。

今回、小豆島での乗り換えは「5分」てのばかりで気持ち焦る。
オリーブバス土庄13:40発は、積み残しも出るくらいの込み具合。
満員のバスで20分立ったまま常盤橋で下車。




№60 うみのうつわ/長澤伸穂
ここは光ファイバーで作られた船に乗って寝ころぶことができる。
でも、一人ずつしか乗れませんので…。



№61 斎藤正人/猪鹿垣の島



ウルトラマンなのか?




まあまあまあ^^





№61から目の前に見えている№62わらアートのトリケラトプスへ行くには、
目の前には川が流れているんで、№60まで引き返すか、
公式がガイドブックのように川沿いを歩いて引き返すか…。
迷っていたら、
moblog_c0f5d088.jpg


若い女性2人が川の方へ下りて行く。
えっ?川渡れるの?
着いて行ってみると、小さな階段と木の橋があった。
いや~、歩くの苦手な私には、ちょっと感動!!



№62わらアート/武蔵野美術大学わらアートチーム
前回は、マンモスとクジラだったかなぁ。
今回は、トリケラトプスとマウンテンゴリラ。



このあと、前回3年前に中山から常盤橋まで歩けたんで、
今回は、№60のある常盤橋から、
№63の小豆島の光まで逆に歩いてみることにした。



逆にしたのは、午後太陽に向かって歩くのは暑いんで、
逆にしたけど、やや上り坂なのよね(^_^;)

この日、私の万歩計は過去最高の21000歩余り。
歩くのすかんのにねぇ。

ゴリラのおしり。

◇◆今日の空



雨になるのかな。