ふみや(1/19)

これといって、なにもなし。



なんで、月曜の写真。



時々、無性に食べたくなる。



見た目悪いけど(笑) おいしかったです。




おまけ。
この投稿を見て、「もしかして?!」
って、screenshotを添付して、メールするのは私くらいやろな(笑)

ことでんと仏生山温泉(1/17)

高松築港で「ことでんおんせん乗車入浴券」を買って、



ことでんに乗るよ。



ひやく号に乗りたかったけど、17日はお休み確認済み。



瓦町で下車して、バスガイドさんの大きな看板見たり、
ロフトうろうろして、再度乗車。
途中下車できるって便利だと思う。



仏生山駅からは、途中うどん屋さんで寄り道したり、



食べる通信の場所を確認したり。



そして、ひなちゃんがやってくるのをしばし待って、
ひなちゃんと二人で温泉へ。

温泉大好きで、自分から出るとは言わない。

しかし、女の子だからか、性格だからか喋る喋る。
静かに入りたい人には、うるさがられるかと思うくらい(汗)



悲しかったのは、
ひ「妖怪ウォッチ」
私「妖怪ボッチ?」
ひ「妖怪ウォッチ」
私「妖怪ロッチ?」
ひ「妖怪ウォッチ」
私「あ~、妖怪ウォッチね」

そのうち、話通じん!なんて言われるんやろか(T_T)



そして、お迎えのママと一緒にごはん食べて、
高松駅まで送ってもらいました。

直島へ。(1/12) 4

宮浦港に帰って、直島銭湯でスタンプもらって、
ギャラリー六区へ。
ここパチンコやさんだったのね。



スタンプラリーの景品は、直島銭湯のオリジナルポスター。
よく見るあの浴室内のポスターね(笑)



そして、時間まで赤カボチャ。
赤カボチャの中から、空を見上げる。



赤カボチャの中から、フェリーを眺める。



赤カボチャの中はドット。



そして、今日はどなたかの旅立ちなのか、



紙テープが用意され、
蛍の光がフェリー内に流れてた。



何度もこのフェリーに乗ったけど、
こんな感傷的な出航は初めて。

直島へ。(1/12) 3

ベネッセハウスミュージアムをひとまわりして、
10:08発のバスに乗って地中美術館へ。

冬でも花が咲いているモネの庭。




定番の撮影スポット。
ここしか撮れないのよ。




「オープン・スカイ」を眺めながら、
やっぱり空が見えるのはいいなあ。

そして、一度天気の悪い日にも訪れてみたい(笑)

ゆっくり1時間鑑賞して、11:35のバスに乗ってつつじ荘へ。
つつじ荘でうどん県パスポートにスタンプもらう。
そう、まだうどん県パスポートもやってるよ(笑)
もちろん、旅の美術館手帖もね。

つつじ荘11:50発に乗って本村港で下車。
ランチは、こちら。
店の前に岡山No.の移動販売のトラックが来てた。




英語で書いてあるのかと読んだけど、
裏はちゃんと日本語(笑)




火鉢のある縁側のそばに座ってのんびり、




シーフードカレーをいただく。




この後、本村アーカイブ&ラウンジで、
家プロジェクトのチケット購入。
正しくは、購入ではないですが。

碁会所
本物の五色椿は、まだイマイチやな。
っていうか、障子が破れてたなぁ。

石橋
ここは落ち着く。
芝生が枯れてるのがさみしい。季節だから仕方ない。
季節のいい時にまたこよう。

はいしゃ
バスの時間が迫ってきてるので、
大竹伸朗のスタンプラリーのスタンプをもらって、
ひとまわりしてバス停へ。
そうです、大竹伸朗のスタンプラリーもやってるのです(笑)

うどんの作法

(四国新聞オアシスより)

麺は途中でかみ切らない。
それが難しいんだなあ(笑)

ちなみに、ことちゃんなら、ぞぞー。
某讃岐人は、ズゴーだっけ?