ちょいとタイトル変えてみた。
瀬戸芸 小豆島
三都半島をバスを使って半日でまわる計画を練ってみた(笑)

小豆島のバスのフリー券が前回よりも、ぐっと安くなり、
(1日フリー券1000円、2日フリー券1500円)
乗り放題好きな気持ちが、もぞもぞしてきたのだ(笑)

タイトなスケジュールだけど、まあ半日で回れます。
島のおかあさんやおとうさんと話す時間は不足気味かな(笑)

作品番号順に半島の付け根から回るのではなく神浦からです。
(No.90は、島の家こうのうらでご相談を。←公式ガイドブックより)

このスケジュールのツボは、
あまりにも時間の空きすぎる蒲野はとばして、
吉野浜まで行き鑑賞後、蒲野に引き返しすという感じです。

これなら、午後も中山あたりなら行けそうですよね。
でも、実際バスを利用するかは未定です(笑)



2016-03-31 Thu 22:49
別窓 | 瀬戸内国際芸術祭 | コメント:0 | トラックバック:0
豊島甲生へ。
タイトル変えた(笑)

唐櫃岡から甲生をめざす。
確かオリーブ牛だった。
いずれ君も・・・。




本当に、きれいな瀬戸の多島美。




振り返ればなぜかバス。





唐櫃岡を目指す人を何人も見かけた。
それから、アートはアート女子ってイメージが私にはあるのだけど、
今回リュックを背負った♂ひとりの姿も多く見かけた。
直島にしても、行くところはだいたい同じなんで、
同じ人を見かけているのかも知れないけど(笑)

豊島八百万ラボ到着。
すみずみまで、アートされてる感じで、なんだかワクワク。




建物の中は撮影禁止。




懐かしいテレビの中のカンガルーが気になったのは私くらい(笑)




絵馬が書かれてあって、島の人のあたたかい言葉に、ちょっとキュンとなる。




作品に携わった建築家さんやスプツニ子!さんも書かれてた。




庭の小さな木々は蚕が食べる桑の木だそう。
大きくなるのが楽しみだ。


2016-03-30 Wed 13:52
別窓 | 瀬戸内国際芸術祭 | コメント:0 | トラックバック:0
3/26 豊島へ。3
懐かしい作品に再会しつつ、
























ランチは島キッチンすぐの




食堂101号室へ。














ピピロッティ・リストはあえてスルー。
夏か秋にまた来るよ。


2016-03-29 Tue 23:13
別窓 | 瀬戸内国際芸術祭 | コメント:0 | トラックバック:0
小豆島のバス
どこまで乗っても最高300円とか、
フリーきっぷもめちゃ安くなってる。

食べ放題は、どっちでもよくなったけど、乗り放題は気になる~。
瀬戸芸公式ガイドブックの小豆島の地図と、
バスの時刻表見てたら、もぞもぞする(笑)
http://shimaradio.seesaa.net/s/article/435698459.html

土曜日に豊島を電動アシストでひとまわりしたけど、
甲生地区から唐櫃岡方面に向かって、
上り坂を歩いている人が、けっこういてびっくり。
(外国人含む)

4kmくらいなら歩ける距離なのか、わからず歩いているのか?
まあ、景色がいいから気持ちいいのかもしれないね。



2016-03-29 Tue 10:03
別窓 | 瀬戸内国際芸術祭 | コメント:0 | トラックバック:0
3/26 豊島美術館へ。
似たような写真だけど、
土庄からフェリーを乗り継いで、




豊島の唐櫃港到着。
いいお天気です。
豊島行フェリーになると、瀬戸芸客が多くなる。
自転車押せてる方もいるし。





唐櫃港到着後、前日予約してあった、
からと港レンタサイクルで、電動アシストを借りる。
電動アシストも新しくされたのか、9:10に借りて、
豊島一周して16:20に返却するまでのバッテリー状況は、
残70%だったんで余裕でした。




豊島美術館到着。9:20くらい(笑)
まだまだですね。
豊島美術館の上の方から美術館をのぞいてみる。




事前に整理券を配布するわけでもなく、
(その必要もないのかな)
ちょうど10:00に開聞。




いつものコースをまわって美術館へ。




写真には、人は写っていませんが、
そういうタイミングだったんです。




あいかわらず、変わった枝の木も元気だ(笑)

以前、夏に豊島美術館行った時、
入るなり、今日はヨガのイベント?って感じなくらい、
みなさん寝転がって、冷たさを体で感じたり、
鳥の声や虫の声、風の音や水の音に耳を傾けたり、
自由に空間を楽しんでいたけど、

今回入るなり、立ったままうろうろしてたけど、
いやもちろんそれでも、十分体感できるけど、
やはり屈むなり、座り込んで、水の流れや音を感じたい。
ただ、3月はまだ寒かったし、冬の間あったスリッパもなくなってたんで、
そう長居することは難しかったかも。
初心に返って、もこもこ靴下を持ってくるべきだったなぁと(笑)


2016-03-28 Mon 23:09
別窓 | 瀬戸内国際芸術祭 | コメント:0 | トラックバック:0
| そして、しま。 | NEXT