ちょいとタイトル変えてみた。
豊島甲生へ。
タイトル変えた(笑)

唐櫃岡から甲生をめざす。
確かオリーブ牛だった。
いずれ君も・・・。




本当に、きれいな瀬戸の多島美。




振り返ればなぜかバス。





唐櫃岡を目指す人を何人も見かけた。
それから、アートはアート女子ってイメージが私にはあるのだけど、
今回リュックを背負った♂ひとりの姿も多く見かけた。
直島にしても、行くところはだいたい同じなんで、
同じ人を見かけているのかも知れないけど(笑)

豊島八百万ラボ到着。
すみずみまで、アートされてる感じで、なんだかワクワク。




建物の中は撮影禁止。




懐かしいテレビの中のカンガルーが気になったのは私くらい(笑)




絵馬が書かれてあって、島の人のあたたかい言葉に、ちょっとキュンとなる。




作品に携わった建築家さんやスプツニ子!さんも書かれてた。




庭の小さな木々は蚕が食べる桑の木だそう。
大きくなるのが楽しみだ。


2016-03-30 Wed 13:52
別窓 | 瀬戸内国際芸術祭 | コメント:0 | トラックバック:0
| そして、しま。 |