土曜日は直島へ。

土曜日は直島へ。
前回(2013)の瀬戸芸の時は、会期中は直島には近づかなかった。
なので、前回の私のパスポートは、直島のスタンプなし。




今回は、見ておきたい作品が何ヵ所かあって、
それに加えて直島建築ツアーも申し込んでみた。




女木島。
桜の季節になると、ピンクになるのよね。




直島宮浦到着。
いつもなら、デッキから赤カボチャの写真を撮ったりしてるけど、
会期中なんで早々に下船体制(笑)

そして、地中美術館直通の臨時バスに乗車。
臨時バスの2台目待機してて、さすが準備万端やなぁ。

9:15には地中美術館チケットセンターに到着。
すでに50人以上並んでた。

今日は、地中美術館には行きません。
地中の庭を見ようと思ってたけど忘れた。

地中美術館から広木池の方に下りて行き、
№21 戸高千世子
彼方の気配




これ見たかったのよ。
2010年の豊島に設置された作品。
繊細というか優雅というか、好きな作品です。
でも、写真じゃなんちゃわからんね(笑)
ちょっと遠すぎるよ。




そして、桜の迷宮の全貌(笑)
ちょっと笑えたね。




蕾さえ付いてない。
きっと、安藤忠雄氏は5年後とか10年後を考えているのだろう。




№20 安藤忠雄
桜の迷宮




思わず目を引く車が!
きっと当日行われるイベント関係者でしょうね。

3/31(木)

高松市美術館に行ってきた。
リニューアルオープンです。




所蔵展です。
あっ、コレクション展ていうのね(笑)




とりあえず、使用期限最終日にコンプリート。
なにかもらえるという訳ではなく、
当たった賞品を余すことなく使えた自分自身の心の達成感。




丸亀町壱番街の華ひらくを撮ったけど、逆光で真っ黒(笑)
笑うしかないね。




日は変わって金曜日、赤灯台にめおん号を見に行く。





土日は、大人気のめおん号で、
高松港や女木島で積み残しが出てるようです。





雨が上がり作品内入れるようになったので、




初めて作品の中に入ってみた。
ドラも鳴らしたよ。




あいかわらず、後ろからも撮ってみる。