お城スタンプラリー

ありがとうございます。
JR四国様から届きました。
すだちくんの和三盆糖。

お城スタンプラリーは、主人まかせだったんで、
達成感はないけど、当たるとうれしい。




今日、岡山県の美術館や博物館4ヶ所をめぐって、
必ずもらえるマスキングテープをもらってきました。
必ずもらえるのはうれしい。

貼るとこんな感じ。

豊島-3

№35 ささやきの森
クリスチャン・ボルタンスキー
クリスチャン・ボルタンスキーは心臓音のアーカイブの作者。
ちょっと離れた場所に作るのが好きなのか?

島キッチンあたりから、徒歩で25分。
一人で頑張って歩きましたよ。
蚊はやってくるし、ミミズの死体はあるし、
カーブを曲がっても曲がっても、作品らしきものは見えないし。

途中で、電動アシストの人に追い越されるし(>_<)
まあ、作者的には歩いて行くことに意義があるらしい。

で、やっと到着。
森の中に400個の風鈴が飾られてあるのだけど、
この日は風がなく、ささやいてませんでした(笑)

うちわを持っていたんで、ちょいと仰いでみたけど(>_<)
上った坂道を歩いて下る。




そして、
№30 檸檬ホテル
スマイルズ

ここは、カップルで鑑賞するのが定番らしい。
そこを、一人で回るってのも笑える。いや、笑えない。

レモンで染められた黄色い布。
開放的なお風呂。
黄色い電話には、金比羅さんの黄色いお守り。




あとは、気になる方は行ってください。
レモン畑が、とても印象的でした。




唐櫃集会所前からバスに乗って、唐櫃港へ。
再度豊島美術館に寄ってみたかったけど、時間足りません。
フェリーに乗って、土庄経由で帰宅。

どうしても書きたかった最後の1行。
フェリー3日間乗り放題2,500円ですが、
3日間使って、計算するとだいたい5,500円くらい。
なんだかとってもハッピーになりました(笑)




最後の1枚は、観光列車ラマルドボア岡山→高松。
平日(金)だからか、けっこう空席あるなあ。

豊島-2

豊島美術館から、次はどこに行く。
午前中に夏からの新作「ささやきの森」に行こうかと思ったけど、
坂道を歩くのは極力避けたい。

やって来たバスに乗って甲生地区へ。
夏からの作品
№37 豊穣:海のフルーツ/豊穣:山の恵み
ケグ・デ・スーザ

海苔を1枚1枚縫い付けてできた作品。
こういう発想できるのがアートなんでしょうね。

作品奥には、自動販売機があって、
ドライフルーツの入ったレシピが200円で販売されてた。




甲生地区には、他にも作品あるけど、
今回鑑賞するのは、新作とまだスタンプを押せてない作品のみ。

バスに乗って家浦港へ。
横尾館がまだスタンプもらえてなかったのよね。

横尾館行くの前にどこかでランチ。
もうね、暑くってエアコンの効いたところで食べたいけど、
それさえも難しい豊島(笑)

てしまのまど
ランチは3種あったけど、食べたのはママカリの南蛮漬け定食だったかな。
どうしてランチの写真がなく、器のみかというと、
スマホのバッテリー交換中で、撮影できなかった。

他のお客さんは、外国からのファミリーのみ。
店員さんも、どっかアジア系で、
暑い中で食事してたら、私は今どこにいるんだ?
って気分になる暑い夏の日。




カーブミラーに写った自分。
そして、あんまし好きじゃない横尾館。
中では、北川フラムさんがいた。
「さきほど、心臓音のアーカイブで、フラムさんの心臓音聴いてきたとこですよ」
なんて言ってみたかったけど、言いません、言いません。

№26 空の粒子
青木野枝




今回、ぜひ行ってみたかったウサギニンゲン劇場。




「ベルリンから帰国した香川県丸亀市出身のアーティスト、
ウサギニンゲンの平井夫妻が、瀬戸内海の豊島に移住しました。」

こんな経歴が気になって、見てみたくなった。
豊島に移住してからも、自分で劇場作ったりとか。

演奏もすごいというか、不思議というか。
時間が合えば、もう1回見てみたかった。




外には、かわいい屋台もできてた。

豊島-1


いつの話かというと、7/31(日)です。

前日は、始発の土庄港行きのフェリーでしたが、
今日は2便目。
2便目になると、車両甲板は空いてます。

客室で多いのは、スポーツ少年団の遠征みたいなんかな。
昨日も多かった。夏休みだもんね。




土庄港に着いてデッキから他の船を眺める。
牛窓に行く、まえしま丸なんて見慣れないフェリーが、
マイクロバス1台乗せて出港した。

フェリーてしまは今から乗船する船。




フェリーてしまの一番前のソファ席に座って、
豊島唐櫃港到着。

このあたりの写真は、ありません。
外国の人と相席だったんで、あんまし写真とれなかった(笑)

豊島を回るには電動アシストが正解だけど、
夏は暑いし、行く作品は決まっているので今日はバスで回る予定。
でも唐櫃だけは、1時間100円でレンタサイクル借りました。

野外作品です。
マルチバスケット/勝者はいない
だったかな(笑)




こちらは、ボルタンスキーの
心臓音のアーカイブ

駐輪場に自転車を置いて、細い砂利道を歩く。
初めて来た人には、このロケーションはちょっとドキドキして、
海が見えたら、お~~!ってなると思う。

もう、何回も訪問してるんで、そんなドキドキ感はないけど、
ユーミンの心臓音を聴いたり、本広監督の心臓音を聴いたり。

本広監督は、3回も訪問して3回心臓音を録音してた。
人の心臓音は、あまり興味ないけど、
本広監督のコメントは、ちょっと笑える。
上原うどん本店だったり、坂出山下なんて書かれているのだ。




レンタサイクルを返却して、バスで豊島美術館へ。
春夏秋冬と四季折々の豊島美術館に行って、
やっぱり夏がいいなと5回目は夏。

そして、今年春会期に6回目。
そして、本日7回目の豊島美術館。

繁忙期なんで、ザワザワ感は仕方ないね。

豊島編続く。


バス1日乗り放題@小豆島5

はい、やっと小豆島編最後です(笑)

福田港から草壁港にバスで移動。
景色もいいし、バスの中は涼しいし快適です。

バス1日乗り放題を計画した時に、次女を誘ったけど、
「朝早いし暑いのに嫌だ」(ごもっとも)と言われ、
次女とは草壁港で合流。

№93 小豆亭
春会期は、ここに村上氏が住んでたらしい。



№92 haragei
え~、暑くってよくわかっていません。
ビール飲みに行こう!ってことで、





MINORIジェラートへ。




ジェラート食べずに、おつまみプレートとビール。
今回は、盛り付けイマイチだね。




前回の方が、よかったねぇ(笑)
moblog_febd80b8.jpg

バスの時刻まで草壁港の涼しい待ち合い所で時間をつぶす。
予定通りバス停に行くが、
暑いところで遅れて来るバスを待つのがつらい。
(ほぼ時刻表通りなのだけど暑いのよ(笑))

バスを待って、坂手港を目指す。
15:30頃到着。

毎月最終土曜日に行われている、
本からうまれる一皿 壺井栄とお庚申の夜
と言う食事会。




場所は坂手港近くのeiカフェ。
毎月チェックしてて、やっと行けた~って感じ。

16:00からの早い時間には、
坂手のおかあさんたちも多いです




あいかわらずビールと、




一皿にいろいろ盛られたお料理と押しずし。
さっそくいただく。

私は、いきなり食べてたけど、
横で次女が、メニューを読みながら説明してくれる(笑)
そりゃそうだ^^;




ゆっくり食事を頂いて、予定通り17:32発のバスに乗って、
土庄港を目指す。(草壁港も池田港もすでにフェリーはなし)

本日最後に乗るバス。
今日1日、すべて予定通りのバスに乗車出来ました(^^)/
これは、やったものにしかわからない達成感。

翌日は、土庄経由豊島なのだ。