車で走る小豆島-3
2016/09/04(Sun)
№70 アートノショーターミナル
この場所までは、春会期から何度も来てたのに、
時間の都合で見られなかった作品。





受付でスタンプを押してもらい、2階に上がると、
コシノジュンコの立体的なアートがあると思っていたら、
子どもたちが作ったカタツムリ作品が飾られていた!?

いつまでもあると思うな。
(本日の想定外2)

思わず、受付のスタッフに聞いてしまった。
「ごめんなさいねぇ」なんて謝られてしまった(汗)




土庄港から車を走らせて宝生院。
樹齢1500年以上の真柏。




龍に見えるところ。
他にも、ゾウやウミガメにも見えるところがある。




常盤橋にある№74 うみのうつわ
中に入ると、光る船があって、
スタッフに手を借りて、その船に乗ることができる。
そして、寝転がることができる。

ここの建物は、なんだったっけ?
聞いたのに忘れた。
これが米の倉庫だったか?
大観音が見える。
moblog_0a3f9992.jpg


こちらは、瀬戸芸作品ではないけど、
大観音の前にある幸せの駅だったかな。





ネットより検索
ハスの葉などをイメージしたアートなバス停「しあわせの駅」
設計・デザインは、「瀬戸内国際芸術祭2013」で、
アートなトイレ「おおきな曲面のある小屋」(小豆島町馬木)を出品した、
島田陽さん(42)=神戸市在住=が手掛けた。





以前、上から見た時は、気がつかなかったけど、
下から見上げると、なんだかとてもきれい。

22:44:15
この記事のURL | 瀬戸内国際芸術祭 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |