小豆島 堀越へ。

池田港から道の駅オリーブ公園あたりまでは、
2台目のバスが出るような混みようで、
なんでこんなに混むのか?不思議だった。

オリーブ公園まで上がるバスは限られているから、
それを目当てに観光客が乗車するのか?
(オリーブ公園口から余裕で歩ける距離なんだけどね)

それとも、田ノ浦方面はやっぱ便数少ないからか?
でも、坂手港あたりになると、乗客はぐっと減るしね。
あの混みようは・・・。不思議だ。
moblog_7165106d.jpg




そんなこんなで堀越という、
内海湾と坂手湾に挟まれたような地区で下車。
その挟まれた距離は、200mくらい。

前を見ても後ろを見ても海が見えるという、
そんな地区に、作品が作られた。
moblog_ff8f72c3.jpg



草の波と陸の船。
いや、作品ではないよ。
moblog_8e3a88d9.jpg



作品は、どうやら小高い丘の上にあるらしい。
   写真展 ←  → シシ垣
堀越を知ろう       堀越を感じよう
moblog_f7a57622.jpg



どうどうと
あせらずゆっくり
moblog_d6324d92.jpg



踏ん張りどころ!
しっかり
moblog_04be811f.jpg



もう すぐ そこ

イラストが、かわいくってね。
moblog_9ad06b93.jpg



細い道を登って行くと、
これ、なんだったっけ?(笑)
moblog_6d635dde.jpg



作品到着。
すごいすごい。

瀬戸芸作品は、景色込みよねと思う瞬間。
moblog_bcd49ebf.jpg



こちらは、坂手湾側。
moblog_11ee4324.jpg



こちらは内海湾側。
角度によっては、墓地が見えますが。
moblog_4a457d3f.jpg


そして、こういう作品。
この上で、座ったり寝そべったり、のんびりできるそう。
しなかったけど、やってみたい。

瀬戸芸もあちこちまわってるけど、
初めての場所に行くワクワク感はいいなぁ。

続く。
moblog_9b11784b.jpg

三都半島へ。

終点の神浦西で下車。
同乗者は、秋会期作品に向かったんで、
私はもう1度見たかったククリヒメノソウへ。

引き出しの中に映像作品があったのね。
すっかり忘れてた。

三都半島の作品はすべて無料です。
何度伺っても無料です(笑)
moblog_1144774a.jpg


№89 潮耳荘
廃材で造られた建物の中に入ると、
スピーカー風のものがあり、
moblog_ff907aab.jpg


外からの音や風を感じる作品でした。
建物の向こう側の木々の中には、ベンチがあったり、
小道を抜けると、神社や海へとつながる道があった。
moblog_1ebdf26c.jpg


こちらは、夏の夜のイベントにも参加したので3回目。
なんだか、落ちつく作品なのだ。
moblog_472449e0.jpg



移動する道筋にある作品。
moblog_42da7043.jpg



昔の太鼓蔵に、
あ、新しい太鼓蔵は、すぐ近くの島の家こうのうらにあり、
この日祭りも近いからか、太鼓蔵が開けられていて、
太鼓台がすぐ近くで見られたんだけど、
写真を撮るということを忘れてしまってた(笑)

神浦の太鼓台は、船に乗せて池田まで行くのね。
今年は10/16(日)で見たかったけど、またの楽しみに。
moblog_9e2421bc.jpg



昔の太鼓蔵にテトラポットを置いて、
ひとりおどりというタイトルが付けられた。
言われたら、踊っているように見えるのね(笑)
moblog_55da6b44.jpg



島の家こうのうらで、おせったいでそうめんを頂いて、
moblog_e39cb56d.jpg



バスに乗って、池田港を目指す。
神浦からのバスは、瀬戸芸臨時バスで、
のんびりしてて、のどかでよかったんだけど、

池田港から坂手の向こう堀越を目指すバスに乗った時は、
呼吸困難になりそうなくらいの混みようで、
バスの辛さを思い知った体験だった。

写真は、神浦のバス停。
moblog_b975ff34.jpg

更新できたね(^^)/

山陽放送さまより届きました。
ありがとうございます。
何気に、はじめて応募したら当たった。
だから、懸賞応募やめられないんだなぁ。


とりあえず、西を目指す。

まだ、不具合続いているのかな。


小豆島 わらアート見学と国民宿舎

瀬戸芸で、朝早い時間は、
野外作品を鑑賞しに行くってのが私の基本。

肥土山農村歌舞伎前で下車し、
離宮八幡神社の中を抜けて、下って行く。

今日は、中山の農村歌舞伎の日で(10/9)
肥土山の農村歌舞伎もなんだか人が集まってるふう。
moblog_4bada7f4.jpg



わらアートに到着。
今年は、猿だそう。
これは、おじいさん猿かな。
moblog_500fdf43.jpg



こちらは、母子ざる。
moblog_4ef8474b.jpg



そして、躍動感ある父さん猿。
雨あがりだったため、田んぼはぬかるんで、
近くまでよれませんが、それなりに楽しめました。

予定では、1時間取ってたけど、30分あれば十分で、
予定より早いバスに乗り、三都半島へ。
moblog_f8558e37.jpg



そのまえに、予定を変更して、国民宿舎小豆島へ。
こちらは、アートではなくドラマ「Nのために」がらみです。
moblog_309d916e.jpg





曇っているけど、見晴らしバツグンです。
moblog_d8b9cee5.jpg


「Nのために」ファンが作った、ドラマで使われたフェリー券を、
頂いたり、展示を見たり。
うどん食べてるイラストは、ドラマではさか枝でのロケ。
moblog_8e3f61e5.jpg



穏やかな海に、パンダ号とキリン号。

国民宿舎前のバス停から、国民宿舎までの距離がわからず、
1時間予定してたけど、こちらも1本早いバスに乗れて、
町営バスの三都半島線に乗車して、終点を目指す。
moblog_64a1b5be.jpg
時   計


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別
09月 | 2016/10 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


★Admin★


新 着 記 事


最近の記事+コメント
カウンター


ひなちゃん
天気予報




カテゴリ
プロフィール

akari

Author:akari

ブログ内検索
RSSフィード