小豆島 わらアート見学と国民宿舎

瀬戸芸で、朝早い時間は、
野外作品を鑑賞しに行くってのが私の基本。

肥土山農村歌舞伎前で下車し、
離宮八幡神社の中を抜けて、下って行く。

今日は、中山の農村歌舞伎の日で(10/9)
肥土山の農村歌舞伎もなんだか人が集まってるふう。
moblog_4bada7f4.jpg



わらアートに到着。
今年は、猿だそう。
これは、おじいさん猿かな。
moblog_500fdf43.jpg



こちらは、母子ざる。
moblog_4ef8474b.jpg



そして、躍動感ある父さん猿。
雨あがりだったため、田んぼはぬかるんで、
近くまでよれませんが、それなりに楽しめました。

予定では、1時間取ってたけど、30分あれば十分で、
予定より早いバスに乗り、三都半島へ。
moblog_f8558e37.jpg



そのまえに、予定を変更して、国民宿舎小豆島へ。
こちらは、アートではなくドラマ「Nのために」がらみです。
moblog_309d916e.jpg





曇っているけど、見晴らしバツグンです。
moblog_d8b9cee5.jpg


「Nのために」ファンが作った、ドラマで使われたフェリー券を、
頂いたり、展示を見たり。
うどん食べてるイラストは、ドラマではさか枝でのロケ。
moblog_8e3f61e5.jpg



穏やかな海に、パンダ号とキリン号。

国民宿舎前のバス停から、国民宿舎までの距離がわからず、
1時間予定してたけど、こちらも1本早いバスに乗れて、
町営バスの三都半島線に乗車して、終点を目指す。
moblog_64a1b5be.jpg