◇◆男木島にて 2
2013/04/23(Tue)
オンバファクトリー
建物内は、カフェ&ギャラリーになってます。
オリジナルオンバを飾ってあるし、オンバとおかあさんの写真があったり。



うつしみず/石塚沙矢香
島での生活用具が水面の高さをそろえるように、
吊り下げられてある。

沙弥島の名も知らす遠き島より作品も水面を表した作品だけど、
うつしみずの方がぶら下げるの大変だと思う。
沙弥のは、発泡スチロールだから軽いもんね。



タイム・チューブときまきつつの家/川島猛とドリームフレンズ
鏡の効果が見どころかな。



SEA VINE/高橋 治希
好きな作品。こえびでも何度も行った。
花や葉のひとつひとつの風景がすばらしい。















けっこう気に入った、大岩オスカールさんの鏡の部屋。
私が前回の瀬戸芸で初めて見たアート作品が、
大岩オスカールさんの作品だった。焼失してしまった作品ね。

開幕当日初めて見た瀬戸芸アート作品は、
えっ?こんなところにアートがあるの?
こえび隊が、昔の学校の机と椅子に座ってるのもびっくりした。
そして、写真を撮っても構わないってこともびっくりした。
そして、作品もびっくりした。それが、私の瀬戸芸アートの出会いなのだ。

この作品も、単に鏡の部屋に入ったんだなぁ言うのではなく、
片方は鏡だけど、もう片方がガラスの中に作られた部屋なのだ。

こういうのは、説明がないとわからないよね。

このピンポンは、テレビで体験できるというのを知っていたので、
がんばってこえびさんをピンポンしたよ(^^)/



13:30の部の南果歩さんの野外公演を鑑賞。
曇り空の寒い日で、見てる方も寒かったけど、
演じてる方々も寒かっただろうなぁ。
次回、伊吹島である頃には、暑くて暑くてなんて言ってるんだろうな(笑)

お芝居のことはなかなかわかりませんが、
やはり引き寄せられるお芝居でした。

そして、帰りのめおん号もこれでもかってくらいの乗船客で、
それでも生きと同じような前の方に座れたので、
下りて行く人を眺めながら船旅を終えました。

おまけは、QRコードの付いたマンホール。
QRコードは、まだ試していない。

とりあえず、写真のみ。
関連記事
21:57:36
この記事のURL | 瀬戸内国際芸術祭 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<◇◆イオン高松にて | メイン | ◇◆男木島にて>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ringo2007.blog68.fc2.com/tb.php/2575-be0bc67f

| メイン |