◇◆2014/3/8 道後館

道後温泉ってどこも年季の入ったホテルで、
古めかしさの中に新しさがあるような。

こちらのホテルは、黒川記章建築らしい。




ホテルのロビーに滝があり、滝の中に詩が流れているという…。



ホテル3Fにある貴賓室らしい、入口はポップな感じ。
よく見ると、漢字が表されてるらしい。



縁側には、机とPCと顕微鏡。
机に引き出しの中には、ちょっとハマるものが…。
つい、読みふけってしまった(笑)



顕微鏡をのぞくと、詩が書かれてます。
ガラスに、こんな小さな詩どうやって書いたんだろう?



庭には、大きな詩が書かれてある。



掛け軸も。



冷蔵庫も、



洗面所の鏡にも。



こちらはバスルーム。



お抹茶とお菓子付きで、鑑賞代2,000円。
2,000円ってなると、どうしても地中美術館を思い出してしまう(^_^;)



プレオープンのホテル5ヶ所を鑑賞すると4,500円
4/10からのオープンでは、ホテルが9ヶ所に増える。

これは、パスポートを作らないと、有名どころばかり流行るかも?
しかし、パスポートにしても、見学できる時間が、
チェックアウトからチェックインの時間に限られているんで、
なかなか難しい。うまいこと予約するといいのかもしれないけど、
予約ばかりにすると、時間に追われる感じが嫌だし。

今回予約は、草間弥生と谷川俊太郎さんだけにして、
あとは空き時間に見学したけど、茶波瑠の石本藤雄さんは、
断られてしまった。ザンネン。

スランプラリー好きとしては、
やっぱスタンプラリーをやってもらいたいなぁ。
ちなみに、この企画は、ワコールホールディングだそう。

なかなか、高松には情報が入ってこないけど、
見守りたいと思います^^

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する