気多の湯

温泉博士に浜村駅から徒歩5分と書かれてある「浜村温泉館気多の湯」を目指す。




途中、浜村砂丘公園なんてあって、行ってみたくて仕方なかったけど、
浜村温泉滞在1時間半くらいなんで、寄り道している暇はない。




やはり5分で着くはずはなく、私の足では10分弱かな。
建物の写真はありません。ちょっと古さにビックリして(笑)

どうして階段の写真かというと、露天風呂付き大浴場と内湯があって、
大浴場を選択すると、長い階段71段を上がらないといけない。
階段に段数が書かれてある。

まあ、エレベータのない建物の4階に露天風呂があるってことね。




初めての温泉、ワクドキ~~。
っていうか、古さは否めない。
先々週の院庄の温泉を思いだす(>_<)




それが、中に入ると脱衣場も浴室も、なかなかのもんです。
奥側の桧風呂は、常にお湯があふれている状態で気持ちいい。
(撮影禁止ですが貸切状態だったんでm(__)m)




露天風呂もなかなかのもんですが、
目の前で飛んでた大きなとんぼが、温泉に浸かったと思ったら、
お亡くなりになったもよう(>_<)

もう少し入っていたかったけど、時間も気になるんで浜村駅を目指す。




鳥取駅で約40分。




砂丘そばと卵丼セット。




そして、お土産売り場をのぞいて帰路につく。




明るいうちは、こんな写真も撮ったりするけど、
(読めない駅名)
暗くなるともくもくと読書。

以前は、スマホいじることが多かったけど、
充電が切れると困るんで文庫本持参。

高松21:40頃だったかなぁ。
鉄な歯医者さんは、高松8:22→鳥取13:40/15:23→高松20:37のもよう。

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する