犬島思い出し記 2
2016/06/05(Sun)
整理券は9:30から配布だけど、
外国の方とか、次々並びはじめるんで私も並ぶ。

15番目。
そして、その後チケット購入。
土庄から犬島まで片道1200円です。




船内は満席ではなく、余裕あり。
高松からだと、高速艇9:10→9:45着でも間に合うね。




犬島到着。
下船すると、帰りの整理券を配布してくれます。
土庄行、豊島家浦行、直島宮浦行あり。
2度目の犬島は、さほど人も多くなくのんびり。




№128 柳 幸典/三分一 博志




犬島製錬所美術館




館内は撮影禁止なんで、写真はなし。
館内は、暗い通路を光を目指しながら、歩いて行くのだけど、




前後に人がいなく、私一人で歩いて行く。
風の音とかして、これがけっこう怖い。
泣きそうになる。

私、暗闇は苦手。
猪熊弦一郎美術館でも、映像が見られなかったことがある。
こういう時、一人がつらいと思う時。




前回は、時間配分がわからなくて、
近代化産業遺産まで行かなかったけど、
今回は回ってきたよ。

関連記事
15:01:51
この記事のURL | モブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<犬島思い出し記 3 | メイン | 犬島思い出し記>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ringo2007.blog68.fc2.com/tb.php/3470-769bf997

| メイン |