三都半島へ。

終点の神浦西で下車。
同乗者は、秋会期作品に向かったんで、
私はもう1度見たかったククリヒメノソウへ。

引き出しの中に映像作品があったのね。
すっかり忘れてた。

三都半島の作品はすべて無料です。
何度伺っても無料です(笑)
moblog_1144774a.jpg


№89 潮耳荘
廃材で造られた建物の中に入ると、
スピーカー風のものがあり、
moblog_ff907aab.jpg


外からの音や風を感じる作品でした。
建物の向こう側の木々の中には、ベンチがあったり、
小道を抜けると、神社や海へとつながる道があった。
moblog_1ebdf26c.jpg


こちらは、夏の夜のイベントにも参加したので3回目。
なんだか、落ちつく作品なのだ。
moblog_472449e0.jpg



移動する道筋にある作品。
moblog_42da7043.jpg



昔の太鼓蔵に、
あ、新しい太鼓蔵は、すぐ近くの島の家こうのうらにあり、
この日祭りも近いからか、太鼓蔵が開けられていて、
太鼓台がすぐ近くで見られたんだけど、
写真を撮るということを忘れてしまってた(笑)

神浦の太鼓台は、船に乗せて池田まで行くのね。
今年は10/16(日)で見たかったけど、またの楽しみに。
moblog_9e2421bc.jpg



昔の太鼓蔵にテトラポットを置いて、
ひとりおどりというタイトルが付けられた。
言われたら、踊っているように見えるのね(笑)
moblog_55da6b44.jpg



島の家こうのうらで、おせったいでそうめんを頂いて、
moblog_e39cb56d.jpg



バスに乗って、池田港を目指す。
神浦からのバスは、瀬戸芸臨時バスで、
のんびりしてて、のどかでよかったんだけど、

池田港から坂手の向こう堀越を目指すバスに乗った時は、
呼吸困難になりそうなくらいの混みようで、
バスの辛さを思い知った体験だった。

写真は、神浦のバス停。
moblog_b975ff34.jpg
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する