そして、しま。

ちょいとタイトル変えてみた。

Entries

8/17 尾道、呉の美術館に行ってきました。

すっかり忘れてたけど、更新の途中だった。

8/17(土)18きっぷをレンタルして、尾道・呉へ行ってきた。






9:50くらいに尾道到着。
今日は、バスに乗って初めてなかた美術館に行く。

尾道市立美術館でもよかったけど、
暑い時なんであんまし歩きたくないしね。






ネットで、バスの時間はチェックできるけど、
乗り場まではわからないんで、観光案内所でバス停を聞く。






バスで5分くらいか?元気な人なら歩ける。
気候がよければ、私だってレンタサイクルで来れるかも。
でも、めっちゃくちゃ暑い日なのよ。






初めてのところは、わくわくどきどき。

旅をスケッチノートに記録する。
絵の才能があったら、私もやってみたい。
私は、チケットや切符を貼り付けるとこまではするけどね。





展示室内に応接セット。
めずらしいよね?






帰りも、遅れ気味のバスに乗って尾道駅へ。
ちょっとだけ時間があるんで、新しくできた駅2FのNEOってレストランへ。
メニューもいろいろあるけど、時間に余裕がないんでカレー。







尾道駅から糸崎で乗り換えて、海田市駅で乗り換えて呉駅へ。
海田市駅から呉までの車両は混んでいるうえに、
子供会系が多く、にぎやかでにぎやかで。^^
呉駅14:00頃だったかな到着。

呉駅から初めて行く呉市立美術館も歩いて行ける距離だけど、
暑い日なんでバス。
バスの時刻は調べてたけど、乗り場がわからない。
案内所も見当たらないんで、並んでいる人に聞く。

私:眼鏡橋は停まりますか?
青年:停まるよ。歩いて行けるけど。
私:暑いんでバスで^^






初めての呉市立美術館。
年季の入った美術館でしたわ。
気候のいい時だと、美術館の周りの散策もいい感じ。

帰りは、バスにしようか歩いて駅か、
歩いて大和ミュージアムか悩んでいたけど、
バス停に行くと遅れてたバスがやってきたので即乗車。






その後、大和ミュージアムへ。
このあたりから、疲れてきて写真なし。

駅の1Fで軽く食べて、糸崎駅直通の安芸ライナーに乗って、
無事帰宅。おしまい。

関連記事

*Comment

 

瀬戸芸 終わったねぇe-259
けど、前回ほど 瀬戸芸ロスになってなくて。なんだろう・・・不完全燃焼?
そして昨日の夜、高松―宇野航路が休止のニュース。
改めて今朝の四国新聞読んだけど、瀬戸芸終了を待っての休止報道かな、宇野航路、今回も使わせてもらって瀬戸芸回れたんだけどね。収支の関係ではイタシカタないのか、これまでも何度も補助金で存続してもらっていたけど。高松築港からの宇野は小さいころからの思い出がいっぱいだけに残念で。
次回の瀬戸芸を考えても高松→直島(豊島)→宇野の選択しかなく、帰る時間を考えるとJR利用も難しいのね。期間限定で高速艇で高松→宇野航路を就航してもらうとか?サンポートの駐車場のこともあり(アリーナが建設されるのよね?)今までとは大幅に違う瀬戸芸になるんだろうなと。
  • posted by はの字 
  • URL 
  • 2019.11/09 09:35分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.11/09 19:35分 
  • [Edit]

はの字さん 

コメントありがとうございます。

スマホの中の画像とか見ていると、瀬戸芸ロスになりそうなんで、
過去は振り返らず、次の旅を考えようとしています。

ちなみに、大島と本島は行けずじまいでした。
2度行ったのは、「国境を越えて・波」と「小豆島の恋」と、
「ジョルジュ・ギャラリー」の3作品でした。

宇高航路、瀬戸芸期間に何度か乗船したけど、ほんま空いてました。
瀬戸芸期間にしか乗らないからねぇ…。

ブログの更新もこんな状態ですが、
また何かありましたらお待ちしています。
  • posted by ringo 
  • URL 
  • 2019.11/10 09:51分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

時   計



カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別
07月 | 2020/08 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


★Admin★


新 着 記 事


最近の記事+コメント

カウンター

ひなちゃん

天気予報




プロフィール

akari

Author:akari

ブログ内検索