豊島。7/8

島キッチンでの食事後、
唐櫃の清水へ。
空の粒子。
moblog_1df4d7fb.jpg



13:00からのウサギニンゲン劇場へ。
劇場か?
moblog_8ff17e18.jpg



ベルリンで、ず~~と活動していたご夫婦がなんで豊島?
いや、まあ、地味にファンなんで、チェックはしてます。
moblog_f2293e0d.jpg



本日、13:00の部は2名でした。
豊島での活動も大事だけど、
海外での公演もけっこうあるらしい。
moblog_7e4ac4a4.jpg



その後、歩いて豊島美術館へ。
凄いね、この景色。
道が海に突っ込んでるよ。
moblog_e6165a7c.jpg



再入館で、豊島美術館へ。
午後になると、本格的に寝ている人が複数。
寝てても許される美術館なんてある?(笑)

1時間余り、ぼ~っとしてて、その後カフェへ。
カフェで、食べたのってはじめてかなぁ。
レモンロールケーキとコーヒー。
moblog_d6d1759e.jpg



16:00になって、唐櫃港を目指して歩く。
バスのちょうどいい時間がないのよね。
港まで歩くの初めて。

下り坂なんで楽だし、曇り空でよかった。
私の足で15分くらい。
直島の地中美術館から宮浦港まで歩く距離より近いかな。
景色は、直島の方が海が見えてきれいだね。

唐櫃港から小豆島土庄港へ。
moblog_f8d9d2b3.jpg




土庄港行フェリーがやってきた。
土庄着いて、オーキドホテルへ。
毎度お世話になります温泉博士で入浴。

この日は、中山での虫送りの日。
行きたかったなぁ。
moblog_88dcd652.jpg



18:40発のフェリーに乗って高松へ。
無事、帰宅。
おしまい。
moblog_cb5c1953.jpg

豊島へ。7/8

豊島家浦港へ到着。
サンダーバードは犬島へも行くので、
そのまま乗船している人も多数。

そういや、高松港からの高速艇と到着する場所違うのかな?
それとも、繁忙期閑散期の違いかな?
moblog_ec63e82a.jpg




そういえば、宮浦から家浦の高速艇って初めての乗船かな?
豊島へは、いつも安く行ける土庄経由唐櫃港を使ってるのよね。
料金的には、直島経由もほぼ同料金くらい。
このコースもいいかも。

観光案内所と豊島マルシェ。
かわいい編みぐるみが飾られてある。
moblog_cec90533.jpg




バスの時間までうろうろ。
オープン前の豊島鮮魚には、
豊島のおかあさんたちの自家用車が駐車中(笑)
moblog_6bdd6871.jpg




喫茶シーサイド大西の前には、子猫がいっぱい。

そして、このかわいいバスに乗るよ(^^)/
moblog_7eaafe4f.jpg




海のレストラン付近。
アンリ・サラ作品付近かな。
見晴らしいいね。バスの車窓から。
moblog_b585eea5.jpg




豊島美術館前下車。
雲多くても、風景はすばらしい。
moblog_85595f01.jpg




豊島美術館到着。
瀬戸芸期間中に比べると、のんびりしている。
次の連休は、どんなかな?

連休中は、ネットで入場予約ができるみたいなんで、
暑い時期はオススメかも。予約したことはないけど。
moblog_f4c8c8db.jpg




旅の美術館手帖を使って100円引きの1440円。
では、豊島美術館へ続く。
moblog_88f4e78b.jpg

直島経由、豊島へ。7/8

直島も豊島も、何度も行ってるけど、
それでも飽きずに行きたいと思う。

本日、8:12発はフェリーなおしま。
やっぱ新しいのに乗れるとうれしい。

トライアスロンやってたみたいだけど、
自転車は通常どおり、フェリー乗場へ到着。
moblog_d17504df.jpg




本日の旅程は、
サンポート8:12→直島9:02
直島9:20→豊島家浦9:50
家浦(バス)10:05→豊島美術館10:19

帰路は、未定。
いえ、何パターンかは考えているんだけどね。

来た時と同じ、直島経由で高松18:00着。
そして、まっすぐ帰って、
「ローカル路線バスの旅」をリアルタイムで見るとか(笑)

豊島家浦、ひとつ遅らせて、
直島→宇野→高松19:25とか。

豊島唐櫃→土庄(オーキドホテルで入浴)→高松とか。
とりあえず、いってきま~~す(^^)/
moblog_61dbedab.jpg





雲多いけど、その分少し涼しいかな。
moblog_c2291503.jpg





直島到着。
いつものように、赤カボチャがお出迎え。

本日から、ベネッセハウスミュージアムで、
大竹伸朗さんの新作品公開だそう。
また、行かねば。
moblog_1518cf19.jpg





海の駅で、直島宮浦→豊島家浦の高速艇の切符を購入。620円。
高速艇の乗り場へ。
乗ってきたフェリー直島を見送る。
moblog_62888dbd.jpg





オレンジのラインのサンダーバードに乗船。
なんとなく船内に入らず、後部デッキの椅子に座る。

12席のうち、外国の人半数。ほんま、外国人多い。
私の隣に座った♂外国人、座るなり延々電話してた。

大きいエンジン音の中で、あれだけ話できるとは・・・。
英語なんで、私にはOKしかわからなかったけど、
内容聞き取ってみたかった(笑)

そんなこんなで、豊島に続く。
moblog_9f121899.jpg

直島。6/10-2

地中美術館からベネッセシャトルバスに乗って、
李禹煥美術館へ。

地中美術館同様、作品は変わらないけど、
季節、時間、天候によって、見え方は変わる。かな(笑)

写真は、李禹煥美術館と野外作品。
moblog_21a7423a.jpg



瞑想の間に一人だったんで、スタッフに寝転がってもいいか聞くと、
かまいませんが、このあと団体さんが来ますとのこと。
それまで、寝転がって天井にある窓から太陽を見ると、
なんとも不思議な太陽が見えた。

写真は、海と野外作品。
moblog_2b7706f3.jpg



スタッフに言われた通り、
ハイスクールくらいの外国人がわさわさやって来て、
私が寝転がっているのを見て、同じように寝転がると、
私の方を見て「ビューティフォー」って言った。

もちろん、瞑想の間の天井の小さな窓から見える、
太陽や木々がビューティフォーなんだけどね。

受付に向かう通路にある作品。
moblog_cb55c15f.jpg



バスでベネッセハウスミュージアムへ。
ベネッセハウスは、メンテナンス期間(6/12~6/15)が終了すると、
展示も新しくなるかな。

三人のおしゃべりする人の真ん中の人は、
口が動かなくなってる。壊れてるみたい。
メンテナンス、メンテナンス(笑)

天秘の大きな石に寝転がりたかったけど、
めっちゃ暑そうだし、杉本博司作品も暑そうなんで室内から。
moblog_b9981d8a.jpg



ライブラリーで休憩しつつ、シャトルバスに乗って、
今回は時間がないんで、町プロジェクトは諦めて、
つつじ荘から町民バスに乗って宮浦港へ。

フェリーの時間まで40分。
ビミューな時間なんで、木の崎うどんで、
生ビールとげそ天とかき揚げとひやかけ。
moblog_4fe5c878.jpg



食べるものは、ぜんぜん非日常じゃないけど、
お客さんは外国の人の方が多い。
外国のカップルが、うどんの写真を撮り、食べるのかと思ったら、
麺リフトの写真まで撮ってたよ。
moblog_83aa92e6.jpg


今回は、
地中美術館 約60分
李禹煥美術館 約45分
ベネッセハウスM 約100分
バスの時間に合わせた鑑賞時間だけど、
ちょうどいい感じだったかな。

14:20のフェリーなおしまに乗って高松へ。
その後、友人たちとの飲み会へ。

おしまい。
moblog_830ee669.jpg

直島。6/10-1

5月は直島に行けなかったんで、今月は行くよ(^^)/
非日常を味わいに。

8:12のフェリーあさひに乗船。
お天気よすぎて暑い。
moblog_1aaf7be5.jpg



暑いから影から写すと人が入るね。まっ、いいか。
女木島の「鬼ケ島」の看板も、木が生い茂って見えにくくなってる。
moblog_38f53746.jpg



いつもの赤カボチャがお出迎え。
そして、そのまま町民バスに乗ってつつじ荘へ。
moblog_c0e80b61.jpg



ベネッセシャトルバスが来るまでのわずかな時間に南瓜。
moblog_e059791f.jpg



いつもは先にベネッセハウスミュージアムに行くんだけど、
今日は地中美術館へ。
9:36着なんで、まだチケットも発売されてません。

しばし待ってスタッフの説明を聞いて、
9:45からチケット購入して(パスポートなんで購入はしませんが)
睡蓮の咲いている地中の庭を通り、
moblog_1758d71b.jpg



ゲート前で他のみなさんと待機。
もちろん外国人多いけど、日本人の団体さんがいたんで、
それ程アウェイ感はなかったね。

モネ室も、ウォルター・デ・マリアも、
自分なりの新たな発見がありよかった。
moblog_c1385e27.jpg


共通招待券があるんで、次はひさびさ李禹煥美術館へ。

きっと続く。
moblog_f73ba549.jpg